彦根の出会いが少し顔を見せました

それはものです。

彦根の出会いでも、氷と雪の世界。

私は私の顔を少し見せました…
ここから出るために!

4時
私はその施設を回っていました。

あるおばあちゃんの部屋に行くと、
彦根の出会いは両手を合わせていました。

今日は夫の死の日です。
私は何もできないと言った。

それから私は寺院の血を得るものです
それをあなたにあげましょう。

彦根で出会いを募集しているなら…

私は仏のほっかい会、観音、そして若しかできない。

私はあなたに幸せな日をしました。

私の母の胸はきれいでした。

彦根の出会いで経を聞くことができて嬉しかったです。

おひさしぶりですね。

次回は賛美歌を歌うことができます

私はそれをしないといけない。

私の最後の日記から長い時間が経ちました、しかし、あなたが継続を予想したならば申し訳ありません。

それは夢の物語であり、それはそのまま続けられずに残された(> <)

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です