沖縄では最後まで楽しんでください

熟した赤紫色の果実は、ふっくらとした丸みで谷をのぞき、潤いのある喉を誘惑します。
見て良さそうです。
私の沖縄が私の口の中に染み出していることに気づきます。

あなたがそれを拾うとき、それは鍋です!緊張感のある弾力性にもやわらかな肌触りがあり、もう十分熟していることを指先に伝えます。

「食べる沖縄です。熟した果物を食べることを躊躇しないでください。」

最も厚い部分をかみます。
押し出されたような鋭い酸味が、やさしい甘さに包まれています。
ツンデレの魅力を彷彿とさせる甘酸っぱい絶妙なハーモニー。
キスの肉体から溢れ出る汁が、付属の指先に滴り落ち、まろやかな香りを放ちます。
果てしなく果汁がたっぷりと指を濡らしながら、空腹の倉つく。
舌の中央にあるハードコアを転がして、最後まで楽しんでください。

甘酸っぱい仕上がりに浸している間、指と口をティッシュで拭いてきれいにします。

「沖縄ごちそう」
連休のようで、高速の車も多いので、駐車場に立ち寄ったらもう外に出たくないです。
運転しづらいのに損益分岐点になりそうなぼろきれのトラックならなおさらです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です