沖縄での辛い思い出を聞く

戦時中、沖縄の家の近くの空で戦闘機の空中戦が行われ、撃墜された飛行機が近くの山に落ちたという知らせを受け、隣人全員が竹の槍を手に持っていた。 。 、行った。

撃墜された飛行機は敵機ではなく日本軍機であり、兵士たちは蜂の巣で死亡した。

もし?この飛行機が敵であり、パイロットが生きていた場合はどうなりますか?多分私が手に入れた竹の槍で
沖縄は息を止めていただろう。

争いのない時代に?あなたは私を助けてくれました。しかし、戦争中
救助にはほど遠い?けがをした人を刺そうとするのが怖かったことを何気なく思い出しました。

プログラムではまだ75年、その時の話ができるのはまだ生きていますが、100年だったらどうでしょうか。話すことができる人は誰もいないでしょう。

介護施設では、話さない限り、辛くて辛い思い出を聞くことはまずありません。

自問した場合はどうなりますか?母の話のように、聞きたかった。
「ジャパネットたかたのリーフレット」
チラシはがきを郵送で受け取りました。
その中には、炊飯器、下取り10,000個、鍋セットがありました。
現在の沖縄「ヤシグループ」より、1万点以上のフライパンセット炊飯器を条約に基づき、1万点の中古品を下取り
買ったものでした

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です