沖縄での体験が活かされます

それとは別に、そんな沖縄が起こるたびにマスコミで絶えず叫ばれる「オリジナリティ」という言葉を考えてみてください。
アートのオリジナリティを限界まで押し上げるとどうなるでしょうか?

「沖縄を描いたり、粘土で遊んだり、考えながら楽器を演奏したりすると、偶然に現れる物体や現象。」

結局、ここにたどり着くしかない。
人が「考える」と考え始めると、その後のすべての動きが学習され、反映され、評価され、過去の動きに基づいて次の動きが作成されます。
少しでも脳が活性化すると、その直前の体験が活かされます。
同時に、オリジナリティはすでに過去のものかもしれません。
逆に言えば、「考える」ことを排除すること、つまり白っぽい状態で創造的な行為をすることで、可能な限りオリジナリティに近づくことができるかもしれません。
その行為に過去(=経験値)の追加がないからです。
そういえば、究極のオリジナリティを持った純粋な芸術家である人間は、昔から定義されている「禁止されたプロデューサー」です。

沖縄の精神疾患、知的障害、認知症の患者

と言えます。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です