日別: 2020年12月1日

沖縄ではあなたは何について話していますか?

昨日突然思い出した

沖縄の母親と一緒に
その位置から見上げる
それは隣の光ですか?
裏家の明かりですか?

向こう側のアパートですか?
沖縄ですか?

シャッターが閉まっているのに

その窓からの光を見るには
約3つの窓ガラス
私はドアをすり抜けなければなりません
見えないですよね?

そのようです

ここに沖縄がありません

???

あなたは何について話していますか

6メートル前に見上げると

ライトが点灯しています

家に入る
2階の部屋のドアを閉める
また、チェックしてください

到着しないでください

帰宅
しゃがむ
変なポーズで
ライトを探しています
見つけることができません

沖縄では独創性を要求した

はい、沖縄エンブレムについて非常に心配し、独創性を要求した場合は、差し止め命令にデザインを依頼するか、施設に作業競争について相談する必要があります。
とてつもないオリジナリティあふれる画期的なエンブレムが生まれたと思います。
それが沖縄だとすれば、佐野さんのエンブレムを追放して次に選ばれる作品は、「オリジナリティ」の観点から、ある種のパクリと言わざるを得ない。
それでも、オリジナリティと必然的に生じる批判を受け入れる意欲を求めるという課題はありますか?

独創性(独自性)から創造性(創造性)を求めるのはナンセンス(=狂気)です。

6メートル前に見ました
家に違和感を覚える

やめる
数歩降りて見上げる

うーん?
明かりを消すのを忘れましたか?
沖縄はどこにありますか?

ドアを開ける
2階に上がる

小さなライトは1つではありません
シャッターも閉まっています

???????? ( ´・・)不思議

思ったのに忘れてた

沖縄での体験が活かされます

それとは別に、そんな沖縄が起こるたびにマスコミで絶えず叫ばれる「オリジナリティ」という言葉を考えてみてください。
アートのオリジナリティを限界まで押し上げるとどうなるでしょうか?

「沖縄を描いたり、粘土で遊んだり、考えながら楽器を演奏したりすると、偶然に現れる物体や現象。」

結局、ここにたどり着くしかない。
人が「考える」と考え始めると、その後のすべての動きが学習され、反映され、評価され、過去の動きに基づいて次の動きが作成されます。
少しでも脳が活性化すると、その直前の体験が活かされます。
同時に、オリジナリティはすでに過去のものかもしれません。
逆に言えば、「考える」ことを排除すること、つまり白っぽい状態で創造的な行為をすることで、可能な限りオリジナリティに近づくことができるかもしれません。
その行為に過去(=経験値)の追加がないからです。
そういえば、究極のオリジナリティを持った純粋な芸術家である人間は、昔から定義されている「禁止されたプロデューサー」です。

沖縄の精神疾患、知的障害、認知症の患者

と言えます。