日別: 2020年10月15日

沖縄では公園のベンチに座る

「沖縄…」

彼女の言葉を聞くように

沖縄、私は目の前のもの以上のものでした
私は遠くを見ていました。

横浜市の風景が初めて
今では漠然とした記憶です。

歩くのに疲れた公園のベンチに座る
海を見る

「もんくんの幸せってなに?」

突然彼女は私に尋ねました。

私は「お金ですか?」と答えました。

「お金?そうだね…」

その不満な顔で彼女に
沖縄は確信していませんでした

「お金があれば何でも買えるし、お金があれば問題ないの?」

いつ。

「うーん…そうだね…」

沖縄の辺りに何年も住んでいます

沖縄、あなたがそれに指を向けると

「ねえ、そんなところにクラゲがいる」

そして沖縄はこの辺りに何年も住んでいます
初めて見たようです。

「大丈夫〜クラゲ。思わずふわふわ泳ぎたい」

と言えば
「クラゲはただ流されているだけでなく、自分の意志で泳いでいます。」

そして、まるで不機嫌であることを思い出させるかのように。

愚かなプレイ
沖縄をひらひらと生きる私とは違い

このクラゲは浮かんでいるだけではありません
あなたはあなたが行く方向に操縦していますか? ..

ナンテ
はたち思いつかない。

沖縄のアイスクリームは甘すぎて美味しくありません

沖縄のメモリを購入するのにわざわざ4000円払う必要がありますか?
誰かがプレゼントをくれないかしら。

今日のアイスクリームは甘すぎて美味しくありません。

気分が悪い。
沖縄のチャイナタウン近く
堀のような川が流れています。

夏に川が来るとき
満潮により海水が逆流する場合
クラゲが流れに乗ってやってくる。

初めて見た
コンビニバッグは浮いていますか?
私が考えていた。

川でクラゲを見ることができません。

昼間に月を見るように
漠然と見ていました。

「沖縄を見てるんだ、モンくん?」

彼女はその時誰と付き合っていたのか尋ねた。

「ほら、クラゲがいる」